39歳女性。子供を産むことについて・・・。

人生
01 /15 2018
カナダの友達のベビーちゃん、一歳のお誕生日会に行って来た~(*´∇`*)

カナダでは、子供のお誕生日は一大イベント(まあ家族にもよりますがね・・・)

ここの家族のお友達のマンションは、パーティールーム付きなので、そこに全部で30人くらい集まってお祝い。

広い会場に、食べ物も飲み物も沢山用意してあり、皆お腹いっぱいになるまで、食べてしゃべってとても楽しい時間を過ごすことができた。子供用の玄米ミニおにぎりや、ベイビーおせんべいもあってとても気が利いてる素敵なパーティーだった。

1歳のベイビーの誕生日ということだけあって、周りはすべて子供連れ・・・。悲しいかな独身女は私一人。子供達が遊んでいる側に、親はついていないといけないので、自然に私はこのごちそうの並んでいるテーブルに一人ぽつん。

おじいちゃんおばあちゃんと一緒に家族全員で参加してる人もいて、そのおじいちゃんが私に気を使ってくれて話しかけてくれたのはいいが、

それが ”where is yours??” 君の子供はどこ?(もちろん冗談で)。
私が笑って、子供はいないのと答えると、 "how come? " なんで?と聞かれる。
" I don't know" そんなこと聞かれても分からないと答えるしかないよね。

楽しかった反面、居づらかったというのもある。

自国に帰っているシャアに、友達の子供の誕生日パーティーに行ったら、子供を連れていないのは、私だけだったとメッセージをすると、"Lucky you~!" という返事が返ってきた。

私も来年40歳。子供はいらないと思っている。でも無類の子供好きのシャアはどうなのだろうか。

30代前半頃に、シャアに言ったことがある。もし子供が欲しいなら、早めがいいよと。40になってから子供が欲しいって言われても困るからねっと。そのときシャアから”子供を産むのに年齢制限はない” という頭の悪い返事が返ってきたのを覚えている。一応女性というのは、年齢とともに子供産ときのリスクが高くなると説明したが、あまり真剣にとらえていなかったように見えた。

いやー、お願いだから40過ぎたころに、子供が欲しいなんて言わないでね。






 

Comments

Private comment

ピノカナダ

2017年、彼と一緒になって13年、喧嘩もするけれど、毎日彼に感謝する日々です。カナダ生活を考えている方、海外でビジネスを考えている方、国際恋愛されている方の参考になればと、私たちの日々を綴っていきたいと思います。